現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > イヤな人を遠ざけられます  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤな人を遠ざけられます

2011 - 07/14 [Thu] - 05:54

さて、八つ当たりをしてしまうというご相談


人にすごい怒りをぶつけてしまい、コントロールできなくなるという方結構います。逆に怒りをぐ~っと押しこめてしまうんですという場合も。


今回はすごく簡単に、その状況を何とかする方法をお伝えします。


1:
まず、紙とペンを用意します。
怒っていること、相手に言いたいことをそのまま書きます。
すごい汚い言葉でOKです。誰も見ませんから。思うまま、相手を責める言葉を書いて下さい。

バカヤロ~とかふざけんなぁ!とか何でも書いてください。
ただの紙の上ですからね。抑える必要はありません。


2:
相手に「○○しなさいよ!」とか「私はこれがムカつくのよ!」と思っている自分なりの理由とか理屈とかを書きます。

ここで「別に相手に何も要求してないわ」とか「もう諦めたのよ」妙に大人ぶる人もいますが、これは何の解決にもなりませんので、心の奥にある相手に対する要求を表に引っ張りだしてください。


2までやると、ただ怒っているだけの時よりも気分が違うはずです。

相手の言動で自分が「△△された」と感じて怒ったんだなということが客観的に分かります。別に相手の言動で怒ってるわけではないのです。


私も何かに怒りを感じて、それを1度でも思いだすようなら、必ずノートに書きます仕事の合間とか電車の中などで。


例えば、あなたが奥様で、ダンナさんのために夕食を用意したとしましょう。でもダンナさんから「今日は外で食べるからご飯いらない」というメールが入りました。あなたは「は?」と怒りを感じます。

その後に「料理を作った時間を返せ」とか「拒絶された気がする」「謝りなさいよ!」など言葉がきます。

ダンナさんがご飯をいらないと言ったことで怒っているのではなく、その言葉で自分が感じたことに対して怒っていると分かります。


出てきた言葉「時間を無駄にされた」「拒絶された」ですが、実は自覚がなくても自分はどこかで誰かにやっています。つまり誰かの時間を無駄にし、誰かを拒絶しています。


自分がやってると認めることに抵抗があるなら、「私やってるのかもな~」くらいに思っていて下さい。


3:
幼稚園くらいの自分を思い浮かべます。あなたが怒った相手と同じようなことをした子供です。例で言うと、誰かの時間を使ったのに謝らなかったり、拒絶の言動をする子です。

その子へ「△△してしまったんだね」とそうしてしまったことを分かってあげます。


4:
「でもね、こうした方がいいんだよ」と伝えます。怒った相手に「もっとこうしなさいよ」と思うことです。
「ごめんなさい。ありがとうはちゃんと言うんだよ」とか「そのやり方じゃなくてこうした方がいいよ」とか。


5:
そうするメリットを伝えます。みんなと仲良く遊べるよ、など。
このメリットはあなたが今欲しいと思っているものでもOK.結婚したいとか、仕事で成功したいとか。


6:
イメージした子供がにっこりするまで伝えます。



八つ当たりしてしまうというのは、自分の怒りを違う相手にぶつけてしまうということ。自分の中で怒りがちゃんと認識されていないのです。自分が何で怒っているか、どうしてそう感じたか、が。


で甘えられる身近な人にぶつけてしまうんです。


相手の言動に怒っていますが、そのやり方は必ず自分がやっている方法です。
脳の古いところにパターン化されています。
自分がそれをやっているから、周囲にそういう人がいるのです。


これは自業自得だと言いたいのではなく、そういう人を周囲に呼び寄せてしまったなら、それを遠ざけることもあなたにはできる、ということです。相手のせいにしている限り、遠ざけることはできません。


あなたの中の子供の部分が変わり、あなたのやり方が変われば、必ず周囲が変わります
お試しください。













スポンサーサイト

早速やりました!別れた恋人にずるいことすんじゃねーよと言いたいけど、子供の自分ではなかなか記憶がなく… だけど、自分の恋愛を遡ると私は結構ずるいタイプだったのは確かです。よくわからないです。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suwachie.blog47.fc2.com/tb.php/90-0f7772f9

 | HOME | 

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。