現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 密かに叶ってますよ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密かに叶ってますよ

2011 - 06/20 [Mon] - 05:17

私、今も昔も自他共に認める「自分の意見ががっちりある」派。
そして人に従うのはイヤ。(←子供っぽい)

母は私を育てるのにとても苦労したことでしょう


自由が好きなんです。
自分の好きなようにやりたいのです。


だから小さい頃は特に人と一緒に何かするって苦手でした。一人でいたほうが心地良いお友達とオママゴトをするよりも、一人でおやつを持って冒険ごっこに出かけることにワクワクしていました。


人の意見を聞いて合わせる、ということが嫌いだったんですね。だから割と一人で木に登ったり、本を読んだり、動物をいじったりして遊んでいました。


それくらい自由が好きなのです


私が自分を見つめ始めるようになってからこの「自由」について驚愕したことがありました。


それは、トラウマだと思い込んでいた「人は離れていき、私はいつか孤独になる」という恐怖感は、私の「自由好き」が叶ったものだった…

ということ。


自由の意味するところは「一人/気ままに」みたいな感じですね。
それを求めるというのは

 * お友達と遊ぶよりも一人でいるという形を作り (自分が選んでいる)
 * 親がいつも不在で留守番するという形を生み (自ら選んだとは思えない)
 * 離婚した親が自分に会いに来ないことになり (見捨てられたと感じる)
 * 学校でなぜかグループに入れなくなり (無視されたと感じる)
 * 好きな人が離れていくという出来事が起こったり (見捨てられ感再び)
 * お店に入っても店員さんが寄ってこない (場合によっては○)

ということが起こってきます。これに気付いたのは、昔

「彼が私にかまってくれない淋しさ」を、
はて…?どうやって癒すんだろ。

と考えながら洋服屋さんに入った時のこと。


店員さんがすかさず「こちらは新作で~」と話しかけてきたのです。

私は「自由に/一人気ままに」買い物をするのが好みなので、店員さんはウルサイ存在と感じていました


その時、まてよ…
彼に「私を見て。かまって」と望んでいる。
店員さんには「あっちいってちょうだい」と望んでいる…
しかも、お店によっては「何で店員さん私に挨拶しないのよ」と感じたりする。(ちょいと高級なジュエリー屋さんとか)


私の考えることって矛盾している
淋しさを抱えながら、自由がすき。自由が欲しいと言いながら、一人になる怖さを持っている。


脳には過去・未来・現在・あの人・私などの区別はないと知ってはいたので

そりゃぁ親が離れていくのも当然だわ…
そりやぁ彼が私を見ないのも当然だわ…

だって、「一人」を望んでいるんだもん。人は私を一人にしてくれるわょ


と、いうわけで望みはちゃんと叶っているのでした
なのに私が勝手に淋しがったりしているだけだったのでした


じゃぁ、自由なんて望まない!…というのではなく、無視されたとか見捨てられたというのは、私の一方的な見方なのではないかと思い始めてみる。


相手が「自由に」させてくれていたことを、私の都合でネガティブに感じていたのではないか…と思い始めてみる。


その気付きから変わってきます



スポンサーサイト

いつもブログを参考にしてます。私は時折り、昔の恋人を思い出し、ムカムカしてくるのです。あの人のせいで時間を無駄にした、責任を取ってほしいと。今は恋人がいないためか、腹立たしい思いが交錯します。どうすれば、ここから脱出できますか?

気付きを得ました。ありがとうございます。

こんにちは^^
私はすわさんと考えが似ているようで、まるで自分について読んでいるようでした(笑)

>私の考えることって矛盾している
>淋しさを抱えながら、自由がすき。自由が欲しいと言いながら、一人になる怖さを持っている。
「ああそっかぁ!」って、ここは目から鱗でした。

>脳には過去・未来・現在・あの人・私などの区別はないと知ってはいたので
これについてもっと知りたいのですが、お勧めの本などはありますか?

鈴りん 様

コメントありがとうございます。

> 昔の恋人を思い出し、ムカムカ
> 時間を無駄にした

第一ステップとして、自分が何に怒っているのかをきちんと把握することが大切です。
時間を無駄にされたから怒っているというよりは、「○○してくれなかったから」「△△されたから」など、怒った原因があるはずなんですね。例えば「私に優しくしてくれなかった」など。

まずはピンポイントで「これに怒ってるんだ」と自分の思いを分かってあげてくださいね。

先生、お返事有難うございます。なるほどと思いました!第二ステップはあるのですか?

  ユキ 様

コメントありがとうございます。

>脳には過去・未来・現在・あの人・私などの区別はない

これとても大切なことなんです。実感として感じられないのですが、本当はこの区別がないからこそ、過去傷ついた経験が今の自分に影響するし、他人が「こう思っているだろうな」というのも感じられたりします。つまり脳は過去の思い出も、相手を思う空想も全て「今現在」と「私」として捉えます。

そのおススメ本はこちらです↓
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_i_0_9?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E4%BA%BA%E7%94%9F%E4%B9%97%E3%82%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87&sprefix=%E4%BA%BA%E7%94%9F%E4%B9%97%E3%82%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

鈴りん 様

ありがとうございます。
ステップはいくつかありますよ。それこそ3歩進んで2歩下がるような感じで。

自分の奥にある感情を理解し ⇒ 共感し ⇒ 怒りが緩むような感じがあったら ⇒ 違う視点から見てみよう、と提案する…

というような感じです。(文字だけでは分かりにくいですね)
まずは自分の奥にある怒りを認識してあげてください。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suwachie.blog47.fc2.com/tb.php/82-7b715710

 | HOME | 

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。