現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 明日の予習  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の予習

2011 - 06/16 [Thu] - 05:01

明日はワークショップです。
愛のベースをつくるのです!

そこで少し予習。


私たちは毎日、膨大な情報を目にし、耳に入れています。
脳には誕生から今までの間の全てのことが記憶されているはずなのですが、私たちはそのホンの一部しか思いだすことができません。


例えば、脳は今まで自分がすれ違ったり一緒の電車になった人、視界にちらっとでも入った人の顔・着ていた服・身につけていた物などを全てデータとして何十万・何百万と記憶していますが、思い出せるのはほんの数人。

…というか今日すれ違った人でさえ思い出せない。

思い出せることは、何度か(何度も)思考したから記憶に残る。だから思いだせる。

別の言い方をすると、今思い浮かぶ思い出、特にイヤな思い出とは「膨大なデータの中から選び出されて、反芻されてきた記憶」なのです


しかもそれらの思い出には大抵、データだけではなく考察がたくさん含まれています。
考察とはつまり、自分の視点から導き出した答えらしきもの。
簡単にいうと「自分の思い込み」です。


データと思い込みがごっちゃごちゃになっているし、そもそも何百万のデータから2,3個のデータを引っ張り出してきて、「私はこういう人」「人生はこういうもの」「社会って…世界って…」と決めているので、その決めたこと自体正確とは言えません


でも実際そんな感じで私たちは「十分に愛されていなかった」「大切にされていなかった」と自分で決めているのです。


明日は愛のベースを作るのですが、実は明日参加される皆さんは既に愛されて生きてきた人です。

さらに言いますと、ブログを読んで下さっている皆さんも、既にかなり愛されて生きてきた人です。


カウンセリングをしていると、自分がいかに愛されていなかったか、愛情不足かを耳にすることがありますが、お話を聞いている私には、目の前の方が「過去も現在も愛されていた・愛されている」人に見えるのです。ご本人がそう感じられないとしてもね


そういう意味では全然話を聞いてないのかも…


でもでも…
いやぁ~私はそんなことない
私の苦労なんて知らないくせに


そう思ってしまうのはどうしてなのでしょう。
それがインナーチャイルドなのです


こう感じるのは子供の頃の自分が、始めに書いたような「思い出の罠」にはまっているからなんです。私もガッツリはまっていましたょ今も知らないうちにそこにズボっと足をとられることがある。


愛されていなかった、という考察+データを何度も思い出すこと自体に自分の「目的」があり、それを捨ててしまえれば話は早い


…と言いたいとこですが、そこは「共感」でちょっと感情を緩ませてみたり、何十万という膨大な記憶から違うデータを引き出してみたり、そもそも愛されているかどうかってどんな基準で決めているかをみたり…


なんてことを明日はする予定です。


愛されていたデータを増やしていくことができたら、それはそれはキレイになります脳と身体はホルモンと自律神経でつながっているのだから。




では明日お会いできるのを楽しみにしています









スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suwachie.blog47.fc2.com/tb.php/81-0f83ad6b

 | HOME | 

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。