現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 愛の基礎  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の基礎

2011 - 05/26 [Thu] - 08:12

昨日の帰り道、糖尿病の治療をしている栄養士さんがこんなこといっていました。


「自分は料理しないんだから、食事のことを言われても困るって患者さんに言われたのよ。私は『なんだと!?身体を管理するのはあなたの仕事だ!って思ったの。成人過ぎても親元で生活させてもらいながら、母の料理に文句言う人が多い。母親もつい世話やいて愛情かけすぎちゃうのよね。何歳くらいから自立することを教えたらいいのかしら…」


この話をききながら何となく「無条件の愛」と「自分を愛して・かまって・注目してというニーズ」の狭間で苦しんだ自分を思い出していました



私ですね、愛されてない感覚とそこから来る孤独感が強くて、小学生の時は「40歳には死にたい」が目標でした。(母に言ったら相当叱られましたが)30歳過ぎたあたりから、その孤独感が一層強くなり「35歳までには終わりにしたい。シンドイ」とよく泣いていたんです。


身体の中は空っぽの空洞で、透明人間みたいな感覚を持っていました


無条件の愛…と言われても全然ピンとこなかったし、恋人に「愛して、かまって、注目して」を求めては苦しくなっていました。ある程度自分で癒せるようになってからも、時折ふと淋しくなる感覚が残っていました。なんである程度癒せるのに淋しくなるんだろ…


今ではその理由がよく分かるのですが、「まだ少し愛されてない感覚が残っている」と表面の意識で思うのは、潜在意識で「大量にあります」ということなのです。


これ、本当にツライですよね


先の栄養士さんが言っていた患者さんも、ベースに愛されている感覚が薄く⇒だから人に求め続け⇒でも満たされず⇒食べることで満たし⇒病気になり…のパターンだと思うんです。


愛されている感覚が薄いと、・恋愛も人間関係もうまくいかなくなります。恋愛は大失敗、友達にもワガママだと言われ…気持ちだけでなく実際に孤独になっていく。私の人生そんな感じでした


何歳になっても人生の基礎となる親との関係を再度しっかり築くことでそんな人生から抜け出すことができます。親や養育者に愛されていた感覚を自分の中に築く。これをするのに、今現在親がいなくても大丈夫ですし、親に殴られた記憶がたくさんある人も大丈夫


恋愛がうまくいかない人はたとえ親を嫌いじゃなくても、この基礎がぐらついていますのでしっかり固めましょう。


…というわけで来月のワークショップではその基礎固めをします。そこでは「愛情の種」を自分の中に植えます。次第にそれは「私は無条件に愛されていたんだ!」という確信・安心感へと育ちますよ。まだ数席ありますので「愛の種」植えたい方、ぜひどうぞ



ワークショップを開催します

テーマ:「愛されていた」ベースをつくる

* 自己価値感が低いなぁと思う方、見捨てられる怖さがぬけない方など、過去現在において周囲から愛されている感覚が持てない方におススメです。

日時 : 6月17日(金)19:20~21:00
場所 : 恵比寿駅近くの会議室
定員 : 6名
料金 : ¥3,500
申込 : suwachie@yahoo.co.jpへ「ワークショップ申込」というタイトルでご連絡下さい。








スポンサーサイト

こんにちは。読みながら自分はどうかと振り返り気づきました。父親はもう15年前に亡くなり母とふたりです。親子関係は悪くなくて仲良くしているほうです。父親は他人の子供を可愛がる性格でいつも嫉妬していました。自分が1番じゃないとイヤだというように思ってきたわけです。時おり、そのような感覚が湧き出ます。それは自分が好きな人です、男女問わずに。まだ癒されてないんですね。過去の産物になってましたが、まだ自分のなかで生きてるんだって感じてます。

いつもありがとうございます

楽しく拝見させていただいてます。
自分に必要な気づきをいつもぴったりなタイミングでいただいています。
おかげで、自分で思っていた以上に自己価値が低いことに気づくことができました。気づけたことで、私のエゴも潜在意識も大喜びしてるみたいです。じっくり自分と向き合って行きたいとおもいます。
これからも素敵な記事を楽しみにしております。

カスミ 様

ありがとうございます。

>過去の産物になってましたが、まだ自分のなかで生きてるんだって感じてます。

そうですね。過去の出来事でも、印象に残っていることって何年経っても脳の中では現在進行形なんですね。子供の頃のカスミさんは心のどこかでお父さんの愛情を疑っていたんですね。好きな人が一番に思ってくれない感覚は淋しくて辛いことと思います。その思いだけでも取れるとラクになれますょ。

【すわちえ】

kurara 様

ありがとうございます。

>気づけたことで、私のエゴも潜在意識も大喜びしてるみたいです。

良かったです!じっくり向き合うことは時にイヤになるかもしれませんが、kuraraさんをはじめこういったブログを読んでくださる方々は、潜在意識に幸せのカギがあると知っていらっしゃるので、ちゃんと向き合うのだな~と感じます。

これからもよろしくお願いします。
【すわちえ】

ちえ先生、おはようございます!またまた気づきました。そうです、嫉妬もそうですが、父親の愛情を疑っていたんです。腑に落ちました。だから恋愛すると、よく恋人に対して疑っていたんです。そりゃうまくいかないですね(ーー;) 先生のセミナーを受けたいのですが遠方で無理ですが、ブログでケアさせてもらいます。ありがとうございます!子供の自分に対して、愛されていたんだよと言ってあげるといいですか?

カスミ 様

>子供の自分に対して、愛されていたんだよと言ってあげるといいですか?

悪くないのですが、実はこう言っても聞き入れないはずなんです。その子なりの言い分がありますので。このワークは自分にない視点を入れるので初めだけはセラピストが必要になります。(というかその方が早い)カウンセリングかセミナーを受けていただけたら…と思いますが難しいんですよね。

福岡や名古屋にこのワークをできる方がいらっしゃいますのでご紹介しますよ。
【すわちえ】

先生、返信ありがとうございます。tawのセラピストさんを見つけたらいいですか?島根でなかなか難しいです。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suwachie.blog47.fc2.com/tb.php/75-1daa89fa

 | HOME | 

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。