現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 望みが叶うには同じエネルギーが必要  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望みが叶うには同じエネルギーが必要

2011 - 05/16 [Mon] - 05:00

男運を良くしたい

というお話でした で、男は運命で来るものではありません、自分自身の潜在意識がkeyですと言いました。


コメントなどで「お金持ちの人と結婚したいのだけどそれはダメなの?」とご質問がありました全然ダメなんかじゃないです。そして、それをどう思うかは自分自身です。自分の価値感vs世間の価値観、ではなくどちらも自分の価値観。


今日のポイントは二つ。
一つは:望みを手に入れるには自分がエネルギーを出す必要がある。
二つ目:勘違いを捨てる・変える。


望みが叶うかどうかは、「その望みを手に入れるだけのエネルギーと時間をかけたか」によります。シンプルにそれだけです。望みが大きければ、かけるエネルギーも時間もかかりますし、例えばハンバーガー食べたいなどの小さい望みなら少しのエネルギー・短時間で手に入ります。


もし、出会った男性に「私はあなたの稼ぎで食べていきたいんです」と堂々と伝えられないとしたら⇒(それを真に望んでいるといえない)、これは表面で思っていることと相反する潜在意識がありますので、ゴールへブレーキがかかります。


お金持ちの男性と縁のない女性が、がむしゃらにわき目も振らず、お金持ちの人をターゲットにし、外見内面ともに相手好みになる努力もし、振られるリスクを背負い「あなたの稼ぎで食べていきたいんです!」と堂々と言って回り(これらは相当エネルギーが必要です)、そのゴールへ向かったら、そのうちそういう男性と会い結婚するかもしれません。つまり、自分がそれ相当のエネルギーを出さなければいけない。そして、結婚状態を続けるには別のことでエネルギーを出し続ける必要があります。


この時「あの人は普通にしてて玉の輿に乗った」など、他の人の人生を考えないことは大事。人の事は一部しか見えないし、その人の思考は全然見えないのだから。


「結婚」と表面では思う中に「あなたの稼ぎで食べたい:依存」という要素が含まれてる場合、「依存的な人」がやはりくるでしょう。依存的な男性…あまり素敵な響きではないですね。

こうして多くの潜在意識は現実化されてから分かります。結局、相手は自分自身です



ですので「○○してもらいたい」と願うよりは、自分の足で立つようにシフトし ⇒ それが自分の目から見える世界を創りだし ⇒ 周りの人を創りだし ⇒ 素敵な人が周りに増えます&出会います。


ではナゼ、経済的・精神的に依存したいと思うのか?
これは人生最初の方で、親・養育者に「世話やいてほしい」「もの買って欲しい」などの欲求があり、親は十分にそれをしてくれなかった、という怒りが残っているから。(怒りから淋しさ・悲しさになる)。それが相手への欲求となります。


頭では分かっているけど、「甘えるなと言われるとシンドイ」と感じるのは、大脳辺縁系という脳の奥の方(感情のところ)で「世話して・甘えさせて」が残っているからです。これをインナーチャイルドが癒されてない状態、と言ったりします。


セラピーではこの感情の癒しをやりますが、ある程度癒したあとは、ホントは世話してくれていたことと、親がそうしなかった本当の理由、を子供の頃の自分が理解する必要があります。

感情を癒しても、この「親は十分にやってくれなかった」恨みが残っていると、後で同じ問題(見捨てられ感なども含め)が必ず再発します。癒してもぐるぐる同じとこを回ってしまうのは、インナーチャイルドがここを理解・納得できていないから。


子供は親に対して色々要求します。それがもらえないと「不快」を感じ、後に知恵がついた頃それが「愛されなかった・認めてもらえなかった」などという言葉にかわります。この思いは愛されない・認められない現実を創ります。 ⇒ そして被害者意識を強めていきます。


一方、親は子供がちゃんと育つように、自分の足で人生歩いていけるように、という視点で接します。厳しさの必要性を十分分かっています。規律を守れずワガママな子になればその子が社会に出て成功しませんし、何でも与えたら向上心のない子になるかもしれない、褒めてばかりいたらタカビーになるかも。あっちに行きたいという子供を自由にさせていたら高いとこから転落するかもしれないのです。子育て経験のある方は実感としてあるでしょう。


つまり子供の感じる愛と親の愛の定義が違うのです。子供は欲求を取りあえず満たしてほしいだけなのです。本当は癒す対象にもならないかもしれません。なぜなら「傷ついた」というよりは「勘違いだった」なので。そう思えた時が本当に癒された時だと今では思います。(でも共感はプロセスの上で大切)


インナーチャイルドがこの「本当はすごく自分に愛情をくれていたという視点」から親を見る事ができたらかなり驚くはず。感動して泣けてきます。そして、欲求は自分で努力して積み上げていけば手に入ることを教えます。そういったことは必ずインナーチャイルドが理解する必要があります。潜在意識=インナーチャイルド。ここが人生の質を左右しています。


幼い頃親が亡くなったり、よく殴られてたとか、うちのように父がアルコール依存だったりすると「私は普通の家庭と違う、親は不十分な人だった」と思いたくなりますが、自分が自分の世界を創っているということに例外はないので、親も出来事も自分が創っていたという視点で見直します。


子育て経験のある方も「私は子供に優しくしたけど、自分の親はやってくれなかった」と思っていたら、その考えすぐ変えた方がいいです。「やってくれないのね…」という人をあてにする思いは、老化につながるそうですよ


初めは自分一人で出来る作業ではありません。抵抗する自分がいるのです。でもやり方を体感してしまえば、自分で出来るようになります。


ここが変わる・消えると自分もラクになるのですが、それだけじゃぁない。素敵な男の人(もちろん稼げる人)と出会うようになるんです~。既婚の人も、旦那さんが変化するはず。周りは本当に自分を表しています。インナーチャイルドを含めた自分が、精神的に自立することで、ホントに周りもそういう人になっていくんです。


私「依存したい~」「甘えたい~」をバッチリ持っていました。そして周囲の「依存心盛りだくさん」な人を見ては腹を立てていたんです。しかも「私は自立心が強い」と本気で思っていました。こうして周囲より上に立った気になり、自分をごまかしていたんですなんと無駄なエネルギーを使ってきたのか けれどそれなりにスキルも人間関係も積み上げてきたのだから、そこにエネルギー注げばもっと大きな望みを手に入れられるはずと気付きました。


70歳近くなってから周りを見て、自分の思考に気付き、人生向上させた人も知っています。いつからだって遅くはないんですね。



長くなりすぎました。次回からはも少しコンパクトにします。
まぁ取りあえずこの本読んでみてくださいね 私の大きな見落としに気付かせてくれた本です









スポンサーサイト

とても真剣に読み返してみました。本も購入します。インナーチャイルドケアって自分でできる簡単な方法がありますか?勇気が出るブログを発信してくださって感謝します。ありがとうございました。

すわ先生へ。コンパクトでなくていいと…。とても良いきっかけになりました。スピリチュアルな一面は一切なく安心して読めました。また実践的なことも教授してくださいね。先生の写真も見ましたよ!綺麗な人でまたまた感動してます。これからもよろしくお願いします。

柳田 様

ありがとうございます。
これからも実践的なことを記事にしていきたいと思います。

おさる 様

ありがとうございます。
相手に見る腹立つことは、自分のインナーチャイルドそのものです。
そこを見れたら、後は相手に言いたい事を、インナーチャイルドへ
伝えます。

次の記事に書いてみますね。

こんばんは。まるで自分のことが書いてあるようでドキリとしました!差し支えなければ、インナーチャイルドケアの方法を教えて下さい。いろんなセラピーを受けてきましたが、その場では開放された感じがしましたが、やはりいつもの自分に戻るのです。かなりのカウンセリング、セラピーを受けているのに。マトリックスも受けました。自分でのセルフケアができるようになりたいです。先生の文章はすばらしいです。ランキングに参加したらいいのにとお節介ですが思います。

真夏 様

ありがとうございます。
チャイルドのケアは個人やその方の方向性によって変わってくるので、ブログで書ける範囲のケアは記事にしますね。

ランキング参加…やってみます!アドバイスありがとうございました。

【すわちえ】


先生、こんにちは。人は鏡。私には辛い言葉です。わたしは幼い頃、実兄から性的虐待を受けてきました。大人になり忘れたふりをお互いにしているわけです。兄は結婚して幸せにしています。わたしはいまだ独身。幼い自分が思考したから、ああいうことに巻き込まれるとは考えにくい。そう感じています。

先日はありがとうございました!!

まさにジャストな話題、ありがとうございます^^
真剣に読み返しています。
諏訪湖をジョギングのあと、おいしい蕎麦をたべつつ
TAWの本を読み返しています。

それから
身の回りのどろどろのおじさんたちに
大きな変化です。

早くも・・・
おどろきました。

ななみ 様

コメントありがとうございます。

>幼い自分が思考したから、ああいうことに巻き込まれるとは考えにくい。

こう思うのはよく分かります。誰でも、被害にあいたいと直接願うことは稀ですし、幼い頃のななみ様がそれを直接思考したとは私も思わないです。

しかし、そこには何か必ず意図したことがあります。自分でも気付かないくらいとても小さい、見えないくらいの思考の種です。そこを見て解決するにはまず「自分の何らかの思考があったのかも…」という譲歩が最初は必要です。絶対違うと思えばそれ以上先に進みませんし、今までと同じ自分がいるだけです。


【すわちえ】

にしかわ 様

ありがとうございます。

周りの人たちが大きく変化してきたんですね!!
よかったです!

どんなことが変わったか教えてくださいね~


【すわちえ】

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suwachie.blog47.fc2.com/tb.php/70-deb5eecf

 | HOME | 

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。