現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 脳の錯覚  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳の錯覚

2011 - 03/08 [Tue] - 21:14

今日、目の錯覚の実体験をしました

濃淡の灰色で描かれた模様にA・Bという四角があります。
Aは濃い灰色で囲まれています。Bは淡い灰色で囲まれています。

それを一つの模様として見ると、Aは濃いめの灰色に、Bは淡めの灰色に
見えます。

しかしAとBは同じ濃さの灰色。
どぉぉぉぉ見ても違う濃さに見える。けど、周りの模様を隠してA・Bだけを
見ると確かに同じ濃さ

これは脳で認識する錯覚なのだそうです。


少し前に電車内にあるTVに同じような問題が流れていました。
この二つのオレンジはどちらが濃い色でしょう。正解は…同じ濃さです。
みたいな


色だけじゃなく、大きさや距離も私たちの脳は真実を捉えずに、周りとの比較で
それは「こんな色・大きさ・距離なはず」
と補正して私たちに伝えます。

さらに、色のコントラストが弱いものは、強いもに比べて脳に伝わる時間がかかるというかなり驚異的な実体験もしました


今見ているものでさえそうなのですから今まで経験した(と思っている)過去
に対しても、私たちの脳はほとんど真実を見ていません


ある出来事のために、今現在何らかの問題や苦しみ・争いを抱えている場合、
(つまり自分がその出来事の被害者だと感じている場合)当時の脳の認識自体が
「もしかしたら真実を捉えていなかったのかも?」という疑いを持ってみることは本当に大切なんだなと灰色の模様をみて思いました


だって辛い気持が残ったままって心と身体に絶対不自然だもの
その不自然さって「認識の間違いからきてる」と、自分自身の経験からも自信を持って言えるのです


一番勇気がいるのは「私の認識間違ってたかも」と思えること
これができないと辛さは続くし、認めてしまえば意外とラクになります




スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suwachie.blog47.fc2.com/tb.php/56-6fa8c3dc

 | HOME | 

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。