現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 身体とのコミュニケーション > 体質??  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体質??

2011 - 01/09 [Sun] - 20:52

冬休み中に、自宅でヨガをしていたときのことです
立ったまま上半身を前に折り曲げる姿勢をして手で膝裏を抱えた時、右の膝裏がぼこっと出っ張っていました。数日前にヨガをしたときはなかったはず。


「…何コレ??骨?こんなとこが出っ張るなんてありえない…


こういう時、医療者って急に気弱になります。
「リンパ腫かな…骨肉腫かな…痛みはないけど、こんなとこ出るなんておかしいよね…。あぁ~足切断になったら楽しみなくなっちゃうじゃんどうしよ」ってね。


7日になって整形外科へ行ったら「変形性関節症の初期ですね。水が溜まると普通は前面が腫れるんですが、それが後ろの膜や筋肉を突き破って裏側に出たんでしょうね。…けど普通は早い人で40歳近くなってからなるんですけどねぇ。あなたまだ33でしょ?今度MRIとって詳しく診てみましょう」と言われました。

「中学生の頃からバスケットやスキーで関節炎を繰り返しているのですが、その影響もありますか?」と聞くと

「まぁそういう体質ってことなんですね」と。


今の私は体質(身体)も自分が創りだす、ということを知っています。だから体質って言葉が妙に引っかかり、クリニックを出た後「膝が悪くなる体質」について自分の中を探ってみました。


そしたら!私が膝、足を痛めやすい身体を作った思い当たる思考があったのです人は基本的にメリットしか選びません。私は膝が痛くなることで何らかのメリットをもらっていました。


私は身体を動かすこと、特にヨガや自転車、ランニングなど、一人で黙々とするものが好きなのですが、なぜか学生の時から今現在に至るまでバスケットをやっているのです

バスケは好きなのですが(いや、ホントはそんなに好きじゃないのかも)、とにかくセンスがないのですょ。瞬発系パワーも足りないし。練習や試合中に自分が思うような動きができないことに対してとてもイライラするんですね。バスケ部の皆さんてホントに動きが早いし、パワーがある。一方私には彼女たちのようなセンスや力がない


そして、足に傷(痛み)を負わせることで自分の中で「膝が痛いのにこんなに走っている私はエライ」みたいな気分を味わっていたようなのです。


そして、小学校1年生の時負った足のヤケドも「左ももの筋肉をだいぶ焼いてしまったから足が遅くなった」と自分で言い訳していました。心筋じゃないんだからすぐ再生すんだろが…

もしそれが本当にハンデなら社会人になってまでバスケなんてできんだろ」って自分にツッコミ入れました結局、上手い人と同じくらいのレベルで動けない自分の悔しさを膝のせいにしていたのかも。または努力していない自分への言い訳なんですね。


関節炎の体質を創ったのが私ならば、治すのも私しかいません。まだ初期とのことで、自分で治せる時期だと思う。ごめんね私の膝さんょ





スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suwachie.blog47.fc2.com/tb.php/45-654cbef5

 | HOME | 

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。