現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 成功への道 > 私を成功に導くもの  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を成功に導くもの

2010 - 11/06 [Sat] - 19:49

今、潜在意識がどのように毎日の生活に現れてくるか、そして自分が望む現実を創るにはどういった事をすればよいか、というようなお勉強を本格的にしております。かなり深いところまで自分の深層心理を探る方法を会得中です。オモシロイ


自分が望むことが現実で叶っていないとき、私たちはフラストレーションを感じます。「こんなはずじゃなかった…」「もっとこうなりたいのに」そんな思いです。
そういう時って必ず顕在意識(今、たった今が顕在意識)と潜在意識がかみ合っていない時。それがかみ合っていたら自分は「問題だぁ」と認識されません。


私、「バカにされてる」という思考パターンを持っていました。人の何気ない一言で勝手にそう解釈したりする傾向にあったのです。それって思い込みだと気付いたあとも、なかなか消せないでいました。それが実生活に問題を起こすことはないにしても、そういう思いを持ちながら仕事をするのは心地よくなかったのです。


パターンとなっている思考を見ていく時、必ずその種は小さい頃にあります。その種となった場面を思い出していくと小学校の時、算数のテストで0点をとった事がでてきました。(割り算のテストで『答えと余り』のsubjectでした。回答用紙に「答えを書きなさい」と書いてあったので私は『余りは書かなくていいのかな…』と悩みつつ、答えだけを書いたのでした。100点とれると思っていたので(計算得意!)0点見たときは愕然…)


その場面に種があるとは以前から分かっていたのですが、そこで自分をどんなに慰めても、勘違いしちゃっただけなんだね、などと理解を示しても「ばかにされた」という思いは実生活でなかなか消えないのも事実でした。

今、勉強させてもらっているところでその場面を時間を変えて見てみました。
そしたら…私は先生の話を聞いていなかったようなのです。少し自分が分かると、後は先生(時間軸が現在だと上司や先輩)の話を聞き流し、自分流にやってしまうということが、「余りを書かずに0点」につながっていたようなのです。

だから、当時の自分を慰めてもダメなのですよ。だって自分の不注意だったんだから。もちろん小さい頃の自分の感情を一緒に感じてあげるのは大切。じゃないとこちらの話に耳を傾けてくれないしね。


自分の不注意で、せっかく得意の算数のテストを台無しにしてしまったんだから、教えてあげなきゃいけない。自分流でひとりよがりにやっていくよりも、上の人の話に耳を傾けてみると、もっと自分の実力が発揮できる可能性が広がるよ、ってことをね。


そんな事をみれるようになったのです


スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

Allyson 様


> コメント欄にハンドルネームを入れているのに、わざわざ本名で返事を書いてくるのは、ちょっとおかしいのではないでしょうか。あまり、見ている方はいないかもしれませんが、匿名にする意味がありません。気をつけられた方が良いと思います。

ご指摘ありがとうございます。不慣れなもので、大変申し訳ありませんでした。
本当に勉強になりました。気をつけます。ありがとうございました。

すわちえ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suwachie.blog47.fc2.com/tb.php/27-fe2509ef

 | HOME | 

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。