現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 自分に言えばいいのです  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分に言えばいいのです

2011 - 11/23 [Wed] - 22:03

今回はコメントへのお返事です


インナーチャイルドの修正とは具体的にどのようなことをするのでしょうか?セッションを受けたりTAWというのを受講すればいいのかも知れませんが、例えばこのAさん・Bさんの例で教えていただけないでしょうか。


自分の周りの出来事(AさんBさんのゴタゴタ)から、自分の深層意識にあるゴタゴタを見たという記事を前回書きました。


インナーチャイルドの修正はとても簡単です。
相手に言いたい言葉を正直に書き出し、それをそのまま自分に言えばいいのです。


私がAさんに言いたい言葉は

「組織のやり方に従いなさい。それが嫌ならこの組織から出て独り立ちしなさい」

でした。そしてBさんには

「周りの人の小さい行動をつついて大げさに捉え、ネガティブに浸るのはやめなさい」

と言いたいと思いました。


私の中に『組織にいて保護されているのに、それにケチを付け自分は自由にしたがる』部分と『人の行動を大げさに捉えて被害者ぶる』部分の両方があるのです。

それがAさん、Bさんとして私の周りに出ました
Aさん、Bさんがそういう人なのではナイのです。


これは普通の心理学でいう「人に自分と同じ性質を見ている」投影とは違います。心理学では、Aさんという人が存在し、Aさんの中に自分の性質を見る。それによってポジティブ・ネガティブ感情を感じる、というものですが、

ここで言いたいのはそれではないのです。

自分のそういう部分がAさんを私の人生に登場させているのです。


おっしゃる通りTAW入門やセッションをを受けていただくと、インナーチャイルドがどのように人生に登場しているのかがハッキリと分かるようになります。


しかし、まぁとにかくそれらの言葉を自分に言えばOKです。

その時に6歳以下の自分をイメージし、その子に向かって言います。言葉を優しく言い換えてもOKです。


そして、その言葉をインナーチャイルドに言うからには、大人の自分もその言葉を実行します。実際の行動はもちろんのこと、心の中で会社の文句を言うこともやめるのです。

なぜか? 思ったことと行動することは同じだからです。


文句を言うなら会社から出ていくこと。
保護してもらって、かつ自由を求めることは矛盾しています。

自由がほしいなら保護を出て自分の足で歩いていけばいいのです。


さて、子供にとって従うべき組織とは何でしょう?
そう、自分の両親・家族ですね。

その家ごとに色々ルールがあります。子供の頃それを親に「押し付けられた・強制された」と感じていなかったでしょうか。

毎日ご飯を用意してもらい、温かい布団もあって、帰る家があって…
全て自分ではお金を払っていません。

保護してくれていることを忘れて、私はよく文句を言っていました。自由になりたい、と。決められた掃除・洗濯を姉に押し付けてね。

今子供のころの自分に会うとしたら「バカも~ん!すべきことをしろぉ!親のどれだけ保護してくれているかが分からんかぁ!」とパンチしますね。


親がルールを決めて従わせるのは、子供が成長して社会に出た時に立派に活躍するための基礎だと知っているからです。

今親に感謝している人でも、反抗していたり、親をバカにしていた過去が少しでもあったら、インナーチャイルドを修正しておくといいですよ。


父親に対して悪いイメージが多くあるうちは自分の出来事として、社会・会社・上司ともめます。逆を言うと、会社や上司、仕事関係でトラブルが起きる人は深層意識で父親を下げてみています。


身近な人とのコミュニケーションで問題を抱える人は、母親との関係を直したらよいでしょう。直すというのはインナーチャイルドの修正のことです。


修正は難しくないですし、修正できたら本当に周囲の現実が変わりますよ!!愛にあふれたものとなります。一人でも多くの方にそう実感していただきたいな~と思います。


セッションのお問い合わせ・お申込みはこちら




スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suwachie.blog47.fc2.com/tb.php/116-51ba19b8

 | HOME | 

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。