現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > 2011年09月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りフツフツを解消する

2011 - 09/29 [Thu] - 20:47

最近、しょ~もないことで「カチン」としました。

こういうことって誰にでもあることですね。こういう感情をどうにか忘れようとか、抑えようとか、相手も悪気がなかったんだ、と自分を説得しようとしてもおさまらないこともあります。

または抑えたつもりで自分を誤魔化してるってこともありますね

誤魔化したままだと、何となくその人に対するシコリが残ります。しがらみってお互いの「間」にあるものじゃなくて「自分の中」のそういうシコリを指すんでしょうね。


その「カチン」は帰宅する時も心の中に居座っているのを感じていたので、私は駅から家までの間その「怒り」との対話をしました。


目的はもちろん怒りを無くすこと。あとも一つ大切な目的があります。
怒りを抱えてたらビールもマズくなるわ


まず、怒っている自分をイメージします。昼間の私でも良いけど「小さい頃の自分」の方がbetter。
そして怒っている自分の訴えをとことん聞きます。

怒りをなくしたいなんて目標は頭の隅っこに置いといて、まず言い分を聞く。

そしたら「私を型にはめようとしないで!」ということで怒っているんだと分かりました。

これは不思議なのですが、「カチン」とした瞬間は自分がどうしてそう感じたか本当の理由は見えていないことが殆どです。

私もその瞬間は「色々考えて行動した結果だったのに!」と思ったので、認めて~という自分が出てきたんだと感じたけれどそうではないらしい。

これは「認めてもらってたら満足か」とか、「どう言ってもらったら満足か」と考えてみると分かります。


そして怒った本当の理由が分かったら「そうかぁ、型にはまりなさいって言われたように感じたんだね。それが嫌だったんだね」とその自分に伝えます。


そうすると怒ってる自分が「そうそう、そうなのよ。それがイヤだったのよ~」とちょっと気持ちが緩みます。そうか、そうか…と訴えを聞き入れます。

「それで相手に怒りを感じたんだね~。ムッとしたんだね~」とさらに共感を示した後、

「それで相手に死ね!って思ったんだね~」と言葉を大げさに使って伝えます。

どういうことかと言いますと

実際は「カチン」ときただけかもしれません。けれど、それを拡大してみると「死ね~!」と思っているのと同じです。

「カチン」も「死ね」も同じエッセンス。潜在意識の中では全く同じです。


ムカつくとか、イラっとしたとか、カチンときたとか、気にくわないとか…そんなのは単なる美化です。つまり誤魔化しです。こういう言葉で誤魔化しているからいつまでたっても怒りが消えないのです。


そして私は怒っている私と一緒にしばらく「このやろ~死ね~!」と散々相手への攻撃を心の中でしました。こうして感情をいちど解放するのは良い方法です。しかし感情の解放で終わりではありません。

数分後…「でもさ、ちょっと物の位置を言われただけで殺すことないよね?」と、怒っていた自分に言ってみました。ここからが本来の目的です。

そしたらすんなり「そりゃぁそうだ」と。
「決まりは決まりだからホントはあなたが守らなきゃいけないんだよね」と提案してみたら、う~んと苦い顔。

提案は続きます。
「あなたはさ、今の場所で成長したいんだよね。もしそこのルールに従ってみたら、また見えるものも広がって今よりすごく成長するんじゃないかな。どう?型にはまるのも悪くないでしょ。数年後には本当の実力をつけて、本当の自由を手にするんだよ。それには一度型を知っておくのもいい経験だよ」


怒りがすっかりなくなっていた「視野の狭い私」は「へぇ~。成長するならやってみるか」という態度になりました。


私が「型にはめられた」ことで相手に怒りを持つのなら、私が誰かを「型にはめよう」とした時に、今度は私が攻撃されます。

こういう私では子育てもできませんね。部下を指導することもできません。そして誰かを、たとえ教育のためでも型にはめようとしたとき、未来の私はその人から恨まれたり、実際ケガや病気を引き寄せるでしょう。


なぜなら「型にはめようとする人=ダメ」と私の潜在意識が決めているからです。


多くのセラピーが感情の解放で終了していますが、それで終わりにすると、結局自分の中のルールが野放しになるので、何となく子供・部下を叱れなかったり、叱ったら罪悪感がでてきたり、自分の体調を崩したり…というカルマみたいなものが付いてくるのです


未来の自分のためにも怒りを解消しつつ、自分の決めた「型にはめようとするのはダメ」を解除するのが、も一つの大切な目的でした


お知らせ。
プロフィールの下にある【セッションを受けられた方の感想】を更新しました






スポンサーサイト

 | HOME |  »

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。