現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > 2011年07月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな人に振り向いてもらいたい

2011 - 07/21 [Thu] - 04:34

おはようございます いつになく涼しい朝で嬉しいです。


今日もコメントに関連して記事を書いてみます。

例えばいつも好きな人に彼女がすでにいたり、友達以上なのになかなかそれ以上進まない、あまり自分のことを気にかけてくれないなど、こういうことも自分を癒すことで、相手が代わってくれるのでしょうか。もしくは自分が代わると、もうそ-ゆー人は好きにならないのでしょうか。やっぱり自分の好きな人に振り向いてもらいたい人多いと思います。

ありがとうございます。


そりぁそうですよね。好きな人に振り向いてもらいたいですよね

コメントをくださったように、自分を癒すことで好きな人は変化します。また、自分の気持ちが離れることもあります。


  * いつも好きな人には既に彼女がいる
  * 友達以上から進まない
  * 自分のことは気にかけてくれない

と、いつも・結構な割合でそういう状況になるのなら、自分の知らないところで自分自身がそういう状況を作りだしています。


私自身そうでしたし、こういうお悩みの方が共通しているのが

 * 人と深く付き合うと傷つけられると思っている
 * 自分を深く知られると相手は離れていくと思っている
   深く付き合いたくない


 * 自分自身の思いより、人の意見を優先する
 * 自分に魅力がないと思っている

というような思いを心の奥に持っているということです。


深く付き合いたくない…と心の奥で思っているので、深く付き合わずに済む状況になります。すでに彼女・奥さんがいたり、友達以上にならなかったり。


こういった思いは、今日昨日、1年前に初めて思ったことではないはずで、小さい頃からその思考の片鱗は持っています。そしてこういった思いには不安や恐怖の感情が付随していますので、結構大きな思いとして自分の中に潜んでいます。


「思考が現実化する」というのは「彼が私を好きになる」という思いが現実化すると思われがちですが、それは表面の【私】が思っているほんの小さな思考ですので、それは自分から遠くに現実化しています。ドラマとか誰かの恋愛とか。


自分自身には絶対量の多い思考の方が現実化します。


なぜ、「彼が私を好きになる願い」よりも、絶対量の多い思考があると分かるか、というとそれは「今の現実が思考の結果だから」です。ここはごまかす事ができません。星型のクッキーがオーブンから出てきたのに「私はハート型のクッキーを作っていたんです!」と言ってもごまかせないのと同じです。



そして一番共通しているのが


自分の父親にとても愛されていた…と感じてない  ということ。


理性的に考えて「父は私を愛してくれていた」と思うのとは違います。


ではちょっと実験
目を閉じて自分が6歳以下の子供になったと思ってください。


家の中にお父さんとお母さんがいます。

・お父さんはあなたからどのくらい離れていますか。
・お父さんはどこを向いていますか
・お父さんの雰囲気や表情はどうでしょう
・自分に注目してくれていると感じますか
・あなたがぎゅ~っと抱きしめに行ったら温かくぎゅ~っと返してくれますか


これは感情の脳の部分が自分と父の関係をどう感じているか、を表しています。


6歳までは感情の脳で全てを捉えていました。自分の異性の親をどう感じていたかによって、「異性にとって自分とは…」という定義づけをし、6歳以降の恋愛模様が決まります。


コメントをくださったように、自分を癒すというのはこの感情の脳(インナーチャイルド)を癒します。そして癒すだけではなく、当時捉えていた「父は私を好きではない」という思い違いを変えていきます。


心の奥にある思いは、自分の外側に他人として投影しています。周りの人はみな自分自身の鏡です。その周りから愛がこないのだとしたら、自分が自分を愛していないから。


父に愛されていないと思いこんでいるインナーチャイルドを癒し、「実は愛されていた!」とインナーチャイルドが感じられると、今の現実で異性から愛されるようになります。


インナーチャイルドは何が愛かというのも勘違いしてたりするので(優しくしてくれる、一緒にいてくれる、笑顔でいてくれるだけが愛だと思っている)
それが変わると、自分が好きになる対象も変わることは大いにあります。


私は30歳過ぎてから「実は父に愛されていた」と実感しましたし、
私の姉は40近くになってから「いかに自分が父を誤解していたか」に気付いたそうです

小さい頃から愛された感覚なんてなかったのにね


自分をごまかさずに見ていく勇気と覚悟さえあれば、何歳からでも「愛されていた」と気付けます。


どれだけ記事を書いても実際にインナーチャイルドを癒し・思い違いをとる体験をしないと現実変えるのは難しいので、興味のある方はカウンセリングにどうぞ
お問合わせ先:suwachie@yahoo.co.jp



またはTAWの入門でも、親に愛されていた!と世界がガラリと変わりますよ。








スポンサーサイト

 | HOME |  »

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。