現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > 2010年12月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 - 12/30 [Thu] - 07:49

今日から冬休み。嬉しくて早起きしちゃった

1月3日に姉と「2011年の抱負大会!」をする予定なのもあり、最近、今後のmy方向性を考え中です。

そういえば20代の頃、毎年誕生日に「今後したいことリスト」というものを書き出していましたすごく小さい事(○○を食べてみたい、とか△が欲しいとか) からありえないぐらい大きい事(南極に行ってみたいとか)まで色々とにかく書き出してリストにしていくのです。で、それを片っ端から実行に移していく。そんな事をやっていました。

これは「すべきことリスト」ではなく「したいことリスト」なので書くだけで楽しくなってきます。そして書き出したからには実行に移したくなる実行するとさらに楽しくなってきます。

その中に、何年もリストにあがりながら実行に移されていないものがありました。それは「英語を話せるようになる」というもの。長い間、リストにあがっては放置されていました。

この状態、「こう願う自分の心の一部」に対してとても気の毒なことをしているんです 自分の望みを放置したままそれを無視するのは自分に対する裏切りです。この状態が続くと、望みを叶えている人を見聞きした時、ヒガミや嫉妬、または自分にはその才能がない、あの人は特別だ、などと言い訳や自己卑下をするようになります。

でもホントは自分が自分の望みを無視しただけ。その結果発生する怒りや不安、諦めです。要は自分で作りだしているもの。

私もずいぶん言い訳をしてその望みを無視してきました。忙しいとか、時間やお金がないとか、学生の時英語は苦手だったとか、もうこんな年だしとか…。 けど数年放置されたこの望みをそろそろ実行に移してあげないと自分が気の毒だ。そんなふうに思ったのです。

最初はそんなに強く願っていることではありませんでした。話せたらいいなぁ~かっこいいし、旅行の時便利だろうな…くらいで、日常の生活でそれが表面に出ることはなかったんです。けど毎年リストにあがるということは、やはりそれなりに望んでいることなのですょ。

そう気付いてから英会話学校に通い、でも働きながら英語勉強するって私にはできず留学に目をむけたのでした。お金をためつつ、仕事の自信もつけつつ(復帰した時にすぐ戻れるように)、結局行動し始めてから3年後にカナダへ飛び立ちました。


望んだ夢は必ず叶います
言い訳をやめて行動し、叶うまでエネルギーを注ぎ込めばね

スポンサーサイト

 | HOME |  »

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。