現在のあなたをつくり出した【深層意識】を詳細に読み取り、心と身体を美しくリメイクします。

  ≪心と身体を美しく≫のナビゲーター   トップページ > 2009年12月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッションを受けた方の声

2009 - 12/29 [Tue] - 22:23

セッションをお受けになられた方の感想を掲載しています。

~2011.11.16更新~

K.M 様

☆変化があったところ
まず、私にとって両親との関係が劇的に変わりました。

両親と会うときの気が重いプレッシャーを受けているような感じが全くなくなり、会う前から楽しみになりました。

以前は1ヶ月に1度、自分なりに無理して実家に帰ったりランチをしたりしていたのが、セッション後は1週間か2週間に1回は会いたいと思い実行しています。

義務感ではなく心からそうしたい自分がいます。

今までの私の両親に対する振る舞いや言動が本当にひどかったと気づき、申し訳ない気持ちで一杯になりました。

精神的に依存をされていると感じていましたが、実は私が依存をしていました。両親はただ無条件の愛をくれていただけでした。

すごいことです。今は両親を誇りにおもいますし、大好きと堂々といえます。
愛で満たされているとことに気づくと、幸せな感覚が常にあるのですね。

ずっと消えなかった子供の頃の場面がちえさんのセッションで変わったのに驚きました。いがみ合っている両親と心配をしている私ではなかった!それどころか愛に溢れた場面だったのです。


☆気づいたこと

カウンセリングの週の週末(3日後くらい)に、ある男性(その方も40代、独身)とランチをしまして、まあデートのような感じでお会いしました。

2人で会うのは2回目でした。

1回目にお会いしたときは映画を見たりして、楽しくなくはなかったのですがその方は仕事で疲れた様子でした。

2回目は、まだあまり知らない人だし、色々お話をして楽しくしたいな、なんて思っていました。

が、あまり楽しくなく、何故誘って下さったのか??と疲れました。今後結婚をする気があるのかないのか?ということを聞かれ、その方いわく、今世間では若い人も結婚願望が大きくなっているみたいなので、自分もしたほうがいいのか焦っている。しかし結婚できる保障がないのにお金ばかりかかるのでは婚活をするのも気が進まない、と。

で、私の意見は、と聞かれました。(まだお互いにあまり話してないのになんでこんな質問?と思いながら)結婚はするかもしれないけれど予定はない、今はやりたいことを頑張っていきたいなどと私なりに正直に答えました。

するとその男性は「じゃあ今はしないってことですね」と返され、瞬間「この人は私の話を聴いていない」と失望と怒りがわいてきました。

その後、疲れていて楽しくできなくてすみません、とメールがありましたが、もうお会いすることはないな、と思っていました。

最初にお見かけしたときは、優しそうで素敵な人だと思ったのになんでこんな状態(疲れ果てている)の男性ばかり近くにいるのかと、その後、2日くらいはもやもやしていて、大事なお休みが台無しになってしまったとがっかりしていました。

彼は自分のエゴにも気づかず、保障だけを求めているけれど、あんな疲れていて結婚結婚といっていても、現実にあんな状態の人と結婚したい女性はいないよな、なんて繰り返し思いました。


しかし、しばらくして気づきました。「彼は私だ!」ということに。


一番最近(といっても4年前)お付き合いをしていて振られた男性に私は彼と同じことをしていました。

そのときは、彼が私を一生愛してくれる保障が欲しくて、結婚をする気があるのかを知りたくて、彼が正直に話してくれている内容には全く耳を傾けませんでした。自分が聞きたい言葉、情報だけをチョイスしており、そのことに左右をされて毎日を生きていたのです。

まさにSpecial Relationshipsです。

2度お会いした男性が私だ!と気づく同時に、4年前の男性も私だ!と気づきました。当時はまともに聴いてなかった彼の話や彼の気持ちが瞬時にとてもよく理解できたのです。

そしてさらに疑問が湧いてきました。4年前に振られた私は彼の被害者で、2度お会いした男性が楽しくしてくれないからまた私は被害者。何だか道理が通りません。

で、被害者も加害者も自分で創っていることに、気づいてきたのです。本当は被害者も加害者もいないのに。

これってスゴイです。なぜなら気づいた途端に楽になったからです。気づいたら、4年前の彼と2回だけ会った男性に対して「ありがとう!」と心で言っていました。心から感謝をしている自分にもビックリしました。私に必要な経験だったと今は感じています。




~・2011.11.07 更新・~ 

M.T 様 30代女性

おはようございます。

ついに!昨夜、意を決して謝りました。

父と母を前に、すでに泣いてたんですが
「今までしゃべらなくて、ごめんなさい」と謝りました。
すると、「そんなこと謝らなくていい、謝ることじゃないよ、気にしてないよ」
と二人とも笑いながら言ってくれました。

びっくりしました。

今まで「ちょっとぐらいしゃべれや」って怒って言ったこともあった父が
そんなふうに言ってくれるなんて。

謝る前は、「どうして今までしゃべらなかったのか理由を聞かれるかも…」
なんて思っていたんです。「怒られるかも…」って。

ちえさん、親の愛情ってこんなに深いものなんですね。
初めて知りました。
今までどれだけ見えていなかったんだろうって思いました。

これまでのことや、今考えていることなど、ゆっくりと話せたし
うんうんと父も母も優しく聞いてくれました。

学生の時、しんどかったことを言ったら
「そんなの全然気がつかなかった。楽しくやってるんだと思ってた…」と言われて、
わたしは当時、絶対わたしがおかしくなってるって分かってるはずだって思ってたので
それにも驚きました。

いろいろ話してる途中にも、わたしが話したことと少し違って解釈されることもあって
「いや、それはこういうことなんだ」って確認し直したりすることもあって
自分の考えてることを相手にちゃんと伝えるには
自分が思ってる以上に言葉が必要なんだって分かりました。

ちえさんの熊のたとえ話にあったように
親だけじゃなく、今まで誤解されてたこともたくさんあったんだろうって思いました。
それはやっぱり、わたしの伝え方が足りなかったんですね。

「家では言いたいこと言えばいいし、家族なんだから遠慮することないよ」
って父に言われて、
父が家族についてどんなふうに考えてるかなんて知らなかったから
それまで「お父さんは自分の意見を押し通す」って思ってたけど
ただ自分の思ったことを言ってるに過ぎなかったんだと分かりました。
だから、わたしもそれがおかしいと思えば自分の意見を言っていいし
お父さんが勝手なわけじゃないんだって思いました。

母は優しい顔で、笑って話を聞きながら、一緒に泣いてくれました。

今、わたしは愛されているんだという安心感で満たされ、
わたしも両親が大好きなんだという素直な気持ちでいっぱいです。

セッションを受けるまでは
「わたしが今までしんどかったのは親のせいだ、謝らせないと気が済まない」
と強く思っていたのに。
わたしから笑ったり、普通に接するようになることは、自分が負けることだと感じていたのに。

ちえさん、なんてお礼を言えばいいのでしょう。
誰も責めることなく、わたしも受け入れられ、解決できる日が来るなんて。
10年以上抱えていた苦しい思いから解放されました。

わたしは、来月が誕生月なんですが、
今年の誕生日は絶対すっきりと迎えるんだ!!って前から決めてました。

ちえさんに巡り合えたことも、やっぱりわたしの思考が引き寄せたのでしょうか。
本当にうれしいです。
きっと、ちえさんでなければ今日のわたしはなかったと思います。
謝ろうと決めた時、メールで励ましていただいたのも大きな力になりました。

今とても晴れやかな気持ちで、これからのわたしが楽しみです。
自分の人生にちゃんと責任を持って、どんどん幸せになりたいと思います。

本当に本当にありがとうございました!



 F.K 様:30代 男性

「真冬にTシャツ1枚で凍えながら、なぜ寒いのか分かっていない」。

カウンセリングを受けて最初に感じた事でした。

それまで自分は、職場のメンバーに対して
・自分よりも劣っている
・自分より劣っているのに、年長者というだけで給料は自分より高い
・自分より給料をもらっているのに、責任回避ばかりして自分に押し付ける
という不満を持ち、日々文句を言いながら過ごしていました。

また、同一のセクションに長年在籍していたこともあり、業務に精通している自覚があったことから、その感覚が日々増長している状態でした。

毎日「振り回されている」「みんな給料泥棒だ」が口癖になり、周囲に対する敵意が増大していました。

そんな折、人事異動があり自分が別のセクションへ動くことになりました。
「これで厄介な上司・同僚から解放される」
「心機一転、前向きに仕事ができる」

そんな気持ちで新しいセクションへ着任したのですが、そこで待っていたのは、

・自分は着任したばかりでまだスムーズに仕事ができない
・なのにそのセクションの後輩よりも給料を貰っている
・自分の方が給料を貰っているのに、何事も聞きながらでないと仕事が進められない

という、かつての職場で自分が「ダメな奴」と決めていた人物に自分がなってしまっている状況でした。

…今まで自分が作っていたルールに自分が抵触していることを認識してからは、毎日が苦痛になりました。
自分に対するストレスから身体に変調を来たし、どうにもならなくなりました。

「自業自得とはいえ、こんなにも苦しいものなのか…」
「早くどうにかしないと、心身共に最悪の状況になってしまう!」

そんな状態の中、藁にもすがる思いでカウンセリングを受けました。

当初カウンセラーに抱いていた印象は、
「尋問される」
「自分の改善点を手痛く指摘される」
「説教される」
という、まさに被害者意識からくるものでした。


実際カウンセリングを受けるまでは、自分の事を細かく聞かれてそれをメモされて…
という流れを想像していましたが、そのような事はありませんでした。

現在の状況を説明し、自分が今どういった状態にあるのかを教えて頂きました。
(「思考が現実化している」という前提を持って話を聞きました)

・自分の「苦しい」という感情が、表層意識(普段の自分)と深層意識(インナーチャイルド)の間で起きている認識の違いからきていること
・深層意識(インナーチャイルド)は、幼少期の体験から、とある「ルール」を作ったこと
・そのルールは大人になった現在も適用されていること
・職場や職場の人間関係に関する問題は、親に対する「ルール」が大きく影響していること

これらを教えて頂き、少し前までに周囲に対して抱いていた敵意・ルールは、元々は父親に対して持っていたものであることを理解しました。また、自分が作った「ルール」で生きていくにはもう限界が来ている事も悟りました。

今が「変わりどき」だと思いました。

そのあと、ちえ先生に導かれながら、ちょっとした事から父親に殺意とも言うべき感情を持っていたことに気付きました。

子供から見たら、確かに「ひどい」と思う体験だったかもしれません。
大人になった現在では、父親の言動が「子供に成長してほしい」という愛からきたものだという認識ができるので、一見問題ないように感じますが、深層意識はまだ父親を憎んでいるとの事。

子供の頃の自分に、大人の自分が「父親には愛があった」と説明することになりました。

はじめはものすごい敵意を持ってこちらを見ていましたが、大人の自分がきちんと説明することにより、
彼(子供の頃の自分)の中に変化が起こったのを感じました。

そう、彼は「父親は自分を嫌っている」と頑なに信じ込んでいたのに、真実は「父親は自分の事が大好き」だという事に気付きました。かなりびっくりしていました。

その瞬間、私の眼には涙が流れ、涙と共に積年抱いていた恨みがスッと軽くなるのを感じました。

同時に、幼少期の自分が作った「ルール」はそのまま現実に投影されていることも悟りました。

冒頭の「Tシャツ1枚」のくだりについては
「自分で作ったルールを投影しておきながら、なぜそんなルールがあるのか解らず苦しんでいる」
という状態だったのだと思います。

悟った以上は、このルールを変えなくてはいけないと思いました。

現在、私が作り出した世界には「父親に対する思い」と相似形の出来事やルールがたくさん存在しています。

ちえ先生に導いて頂き、初めて父親に対する勘違いを認識した瞬間から、それらのルールを修正していくための号砲が鳴った気がしました。

現在はマスターTAWの講座を受講し、具体的な修正を始めております。

「一度の気付き」で全てが解決するわけではありませんが、この「一度の気付き」がなければ、きっと今も心身に多大なダメージを与えながら「原因は自分」との認識を持たずに凍え続けていたことでしょう。

このことに気付かせて頂いたちえ先生に、大変感謝しております。
ありがとうございました。


T.T 様 女性

恋愛について、スカイプでのセッションをお願いしました。
セッションの中で、ふと私が口にした職場での出来事をきっかけに、自分が男性という存在をどう見ていたか。また人に対してどういう姿勢で向き合っていたかを掘り出していただきました。

それは、なんと自分は男性に対して、バカにして話を聞いていないという衝撃的な事実でした!!!
勿論、日々の生活では、心の奥底にそんな考えをもっているなんて知りませんでしたから、人の話は普通に聞いているつもりでした。でも、この男性に対して「言っても無駄だ」と思っている自分。「自分の言うことが正しい。」と思っている自分。そんな自分を受け入れて、周りを見回してみると、恋愛では、男性は私に話しかけにくいだろうし、仕事場で上司も私を扱いにくいだろうなぁと、回りからどう自分が見えているかが、分かってきました。 (ちえさん、声は優しくて、柔らかいのですが、目の付け所はかなりシャープです!)

思考が現実化する。
本を読んで、そうなのかもしれない。と思っても実際に自分に何が起きているのかはなかなか一人では見破れません。自分の今はどういう思考が何を引き寄せたのだろう?
ずっと疑問だったことがセッションを受けることで、すーっとひも解かれ、自分の周り、日々の生活であたりまえだったすべてがすべて意味のある新鮮なものに見え始めました。

自分に起きていることに気づけるようになったことで、変えたほうが良いことについては、職場や周りの人間関係の中で、気づいて意識的に変えていけるようになりました。

静かに周りをみると、自分に何が起きているのか分かる。
耳を澄ましていると、自分に必要なメッセージが相手の口を借りて出てくる。

自分の周りは、360度、自分である。
この言葉が本当に腑に落ちた感じがしています。

周りと自分、両方に意識を向けることで、自分が今、この場所に居るという現実感。そして、これからどこへ向かって歩み始めるかを決める強さが自分の中に湧き上がり、楽しく人生を作りたいなとワクワクしています。


 M.M 様

魔法のようなセッションで翌日から自己改革!などということがまさか可能だとは、菊池さんにお会いするまでは信じられませんでした。

目の前の出来事はすべて自分の潜在意識が顕在化したものであるというお考えは、理不尽な外的要因によって悩み多き、もやもやな毎日を強いられている(と思っている)多くの人には極めて受け入れがたい概念かもしれません。

でもそこが出発点。後はゴールまで先生がヒントや宿題、カウンセリング内容を細かくまとめたシートをくださり、自分自身を何度も見つめ直しながら進んで行けます。

涙や鼻水、冷や汗など、あらゆる液体を放出しながらカウンセリングに臨んだ私は、確実に何かがカチリと動いた手応えがありました。

自分自身がどう変わったか、自分では知る由もありませんが、まわりの環境が劇的に変化したところを見ると、私の潜在意識がかなりの何かを飛び越えたのだと確信できます。

沢山の気づきを与えてくださった菊池さんにはとても感謝しています。



 T. S 様 女性

「相手がコミットメントフォビアで、関係が進まず不満」というテーマでセッションをしていただきました。

「パートナーとの関係は、お父さんとの関係がダイレクトに影響しています」と言われ、幼少時に父をどう見ていたか、を誘導瞑想で探っていただきました。

父との関係は、特別良くもなく、悪くもなく、という感じだと思っていたのですが、自分がいかに父親の存在を遠ざけようとしていたかを知って愕然としました。父親からはとても愛されていたのに、私はそれを受取ろうとしていませんでした。

それから初めて父との関係を考えるようになったのですが、確かに私は冷たい娘でした。

菊池さんに、「もし可能ならお父さんにそれを謝ったほうがいいですよ。そうすれば恋愛もうまくいきますよ」と言われて、その時は「そこまでするのはちょっと・・・」と思っていました。

セッションから数日後、彼とのやりとりでとても気分を害してしまい、その勢いで父に電話して今までのことを謝ったのです。「今までお父さんに対して距離を置いてたみたい。ごめんなさい。でもお父さんのこと大好き。」ということを伝えました。

父にそのようなことを言うのは初めてで、自分でもそのように素直になれてびっくりでした。
父もびっくりしていたようですが、嬉しかったみたいです。私もすっきりしました。

それから彼に対する自分の感情も関係も少しずつ変化が出てきました。

TAWにとても関心を持つことになり、菊池さんのブログや本を参考にTAWの理論で他人やまわりのことを見るように心がけていくうちに、本当に360度自分なんだ、という実感が持てるようになってきて、とてもパワーが湧いてきました。


彼がはっきりしないのではない、自分がはっきりしないのだ、ということがようやくわかり、本気で彼との関係をコミットし、彼に伝えました。

全部自分だった、ということを認めると、今まで隠れていた関係を進めることへの怖れが(投影していたものが)しっかりと表面に出てきました。

自分が決めてしまうことで、こんなに気持ちが楽になって結果への執着もどこかへ行ってしまうとは夢にも思いませんでした。

それまでも投影については勉強して知ってはいましたが、セッションをきっかけに徹底的に投影を意識して日々の生活を送るようになり、人生観ががらっと変わってしまいました。

自分が人生を創っている、そう思えば思うほど、パワーがみなぎってきます。

自分の望んでいる結果も、もうすぐ出てくるだろうという確信も持てるようになり、毎日すごく穏やかです。あの悶々とした日々はどこへ行ってしまったの、という感じ。

1回のセッションでこれほど目の前が明るくなれるとは、思ってもいませんでした。

とても貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

 | HOME | 

雑誌に記事が掲載されました

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。